2017年5月15日月曜日

視覚障害児施設様でのカンフィパネル活用事例のご紹介

皆様こんにちは。
ここ京都では、本日(5月15日)新緑の中、
京都三大祭のひとつ「葵祭」が開かれています。
早くも夏日が続き、まだ暑さに身体が慣れていませんので、
皆様どうぞご自愛下さい!

幅広くお使いいただいているパーティション「カンフィパネル」ですが、
この度、視覚に障がいのある子どもさんの施設様での活用の様子を、
教えていただきましたので、ご紹介します。

全盲や弱視の子どもさんが、壁際の黄色いイスの部分に腰掛けたりしながら、
衣服の着脱を行う「着脱コーナー」をカンフィパネルを使って作成されました。
高さ90cm・幅45cmのS型プレートを7枚使用しています。

カンフィパネル設置前


カンフィパネル設置後 着脱コーナーができました。

[利用者] 全盲・弱視の子ども

[活用の様子・工夫など]
・全盲の子どもがパネルを伝って移動しています。
・弱視の子どもがわかりやすいように、黒い覆いと赤テープをつけ、
色のコントラストをつけています。
・壁が一辺のみなので、コの字型に組んで、より強度を出しています。

[活用のご感想]
着脱コーナーができただけでなく、移動のための動線もでき、
“空間情報の整理”に役立っています。

☆使用プレート・接続留具の種類と数
S型プレート(高さ90×横45×厚み2cm)7枚
S型留具(プレートを直線上に接続)8個
(4か所で上下にひとつずつ使用)
L型留具(プレートを直角に接続)4個
(2か所で上下にひとつずつ接続)

この活用事例のPDFファイルを、
下記の資料ダウンロードページに置いています。
「カンフィパネル活用事例_視覚に障がいのある子どもの施設様」

「カンフィパネル」は、発達障害児を支援する”場所の構造化”を行うために、
よくご活用いただいていますが、見える見えないに関わらず、
”空間情報の整理”は必然!とまさしく、”目からうろこ”でした。

「カンフィパネル」をご活用いただきました上、
貴重な活用事例のご提供、本当にありがとうございました!

☆「カンフィパネルS型プレート」のショッピングページはこちらです。